スポンサーリンク

宮長神輿の会 餅つき大会(2023年12月17日)

スポンサーリンク

12月17日、千葉市稲毛区宮野木町の宮長神輿の会で餅つき大会を行いました。

餅つき大会は、毎年恒例の行事で、地域の人たちが集まって餅をつき、その餅をふるまうというものです。

当日は、朝から多くの人が集まり、餅つきの様子を見守っていました。

餅つきは、杵と臼を使って餅米をついて作ります。

杵を臼に打ち付ける音が、会場に響き渡ります。

餅つきをするのは、宮長神輿の会、地域の方々です。

力強く杵を打ち付け、おいしい餅を作るために、真剣に取り組んでいました。

餅つきが終わると、つきたての餅がふるまわれます。

つきたての餅は、もちもちで、とてもおいしいです。

餅つき大会は、地域の人たちとの交流の場にもなっています。

餅つきを見ながら、地域の人たちとおしゃべりをしたり、餅を食べて楽しんだりして、充実した時間を過ごすことができました。

餅つき大会は、地域の伝統を継承する貴重な行事です。

これからも、地域の人たちが集まって、おいしい餅をついて、楽しく過ごしてほしいと思います。

この餅つき大会に参加したきっかけは、地域のボランティア団体に所属しているからです。

団体の活動の一環として、餅つき大会の運営を手伝うことになりました。

餅つき大会に参加してみて、地域の人たちのつながりの強さを感じました。

また、餅つきの楽しさも知ることができました。

今後も、地域の活動に参加して、地域の人たちとの交流を深めていきたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました