「身体の不調を整える」自律神経の整え方①メンタルケア前編

https://youtu.be/tvzW2Pc21ik

現代社会でも今ストレス社会だと言われています。しかしながら今後さらにストレスの負荷のかかってくる社会になってくると思われます。

そこで重要なのかストレスケアであり、メンタルケアだと思います。

ストレスなどは体の不調を呼び起こしますが、体の不調は自律神経の不調でもあるといえます。

自律神経の整え方っていうのはたくさんあると思うんですが、中でも1番重要だと思うものが、やはりメンタルケアだと思います。

今回は体の不調が消える自律神経の整え方とと言う方からご紹介していきます

こちらのほうはコンビニなどで間500円で買えるのでもしコンビニ何かに立ち寄ったりしたら購入してみてはいがでしょうか間ネットでも買えます

感動の涙を流す

人間関係の悩みを減らす

ネガティブシンキング

ぼっちは避ける

逆スタンプ療法

辛い時は逃げる

えっと今回は上記の①〜③についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

感動の涙を流す

涙が目に入ったゴミを洗い流すだけではなくストレスも洗い流してくれると先生がおっしゃってます。

感動の涙は副交感神経が優位になるので心と体がリフレッシュします。自律神経を正常に戻すには号泣が有効。

週に1階は映画やスポーツなどで感動の涙を流すことが理想だということです。

人間関係の悩みを減らす

私たちのストレスはほとんどが人間関係に起因しているといいます。

ではストレスを軽減する方法としてまず

自分を過大評価しないこと

そして

他人にも過剰に期待をしないこと

つまり自分に対しても相手に対しても過剰な評価や期待をしてはいけないと言う事ですね。

過剰な期待や評価をしないなどしてもうまくいかないときは

寝る前に今日も楽しかったと言うだけでも心が軽くなるそうです。

終わりよければ全てよしじゃないですけど1日いろんなことがあって嫌なことあるかもしれませんが

今日1日楽しかったなって

楽しかったこと、いい事だってあるでしょうからそれを思い浮かべて、いい気持ちで寝るっていうのがいいんじゃないかなと思います。

ネガティブシンキング

これは何かネガティブにずっと考え続けると言う意味ではなく、ネガティブに思っていると、アグレッシブな行動につなげることができるということです。

何か矛盾しているなぁと言う感じがするんですけども、どういうことかといいますと

失敗したときに何か後悔したり不安になったりしますよね。ネガティブシンキングだといろんな店は改善点が見えてくるのでその部分はいいですよと言う事ですね。

でも改善点が見つかってもそのままにしちゃっていたらいけませんよと言うことです嫌な気持ちを押し殺す事は中途半端な思考だと

ネガティブシンキングとポジティブシンキングのバランスが大事だと言っています。

これはつまり改善点などを見つけて行動することで成功していくと言うことなのです。

不安を行動力に変える

ここはちょっと面白かったのでもう少しご紹介したいと思います。

不安を行動力に変える方法が3つご紹介されています。

1普段自分がやらないことをする

2コミュニティーを広げる。

3相談窓口を見つける。

普段自分がやらないことをすると視野が広がって不安が和らぐと言われていますそして行動力が湧いてくると言っています。

コミュニティーを広げると直接つながりのなかった方からも手助けをしてもらえる。これは実際僕も感じることで、このブログを見ていただきありとかYouTubeを見ていただいたりとかいろんな人に助けられているなぁと言うふうに思います。

そしていろんな方に助けてもらっているのでそういう方たちに恩返しというかそれに役に立ちたいなぁと思うので、もっと役に立つブログを作ろうとかもっと役に立つYouTubeのコンテンツを作ろうとかそうやって考えることができるようになってきました。

相談窓口を見つけるって言う事はずっと自分の中にため込まないでいることだと思います誰かに話を聞いてもらうと言うだけでもずいぶん心が軽くなるものですし自分の中でこうするべきだったんだなぁとかこうしたかったんだなっていうのがよくわかってきますそして自分の中で解決したときに行動に移すことができます。

日常生活の生産性だとか行動力の向上っていうのは自律神経を整えることから始まるんじゃないかなぁと思いますので皆さんのご参考になればいいなと思っております。

ではまた続き書きましたら投稿いたしますが待てないなと言う方はぜひコンビニとか書店とかネットでご購入いただいて読んでいただければなと思います。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

関連記事・動画

動画

https://youtu.be/r9-VvZ8aecs

記事

記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました